審判買収で有罪判決の全北現代元スカウトが遺体で発見…真相は闇の中へ

Pocket
LINEで送る

韓国サッカー界に衝撃が走っている。

全北現代(チョンブク・ヒュンダイ)モータースの元スカウトマンがこの世を去った。

6月16日の午前7時54分、全北現代のホームスタジアムである全州ワールドカップ競技場の観客席で元スカウトの遺体をチーム関係者が発見した。

遺書は見つかっていないが、発見されたときは首に縄がかかっていたとされており、韓国メディアは自殺の可能性が高いと見ている。

元スカウトに何があったのか

この元スカウトは、審判を買収したとして韓国サッカー界に波紋を呼んだ人物だった。