日本5%vs韓国56%という意識のズレ…なぜ韓国人は「日韓関係は今後良くなる」と考えるのか

Pocket
LINEで送る

読売新聞社と韓国日報社の共同世論調査の結果が6月12日に発表され、日韓関係の「今後」に対する両国の意識に大きなズレが生じていることがわかった。

共同世論調査によると、今後の日韓関係について日本では「変わらない」が70%で最も多く、続いて「悪くなる」が20%、「良くなる」は5%だけだった。対する韓国では「良くなる」が56%と過半数を占め、「変わらない」32%、「悪くなる」7%の順だ。

現在の日韓関係を「悪い」と考えているのは、日本77%、韓国81%と両国ほぼ同じなので双方ともに現状認識は一致していると言えるが、未来に向けての意識が大きくズレているという結果が興味深い。

韓国人はなぜ「良くなる」と考えるのか

日本では「変わらない」が大多数を占めているなかで、なぜ韓国は過半数が「良くなる」と考えているのだろうか。