【スクリーン・コリア】韓国で映画化された日本の原作小説・ドラマの“本当の評判”と成績表

Pocket
LINEで送る

藤原竜也、伊藤英明主演の映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』が好調な興行成績を見せ、話題になっている。

時効が過ぎた後、自分が犯人だと名乗り出てスターになった連続殺人犯と、犯人を捕まえようとする刑事の壮絶な戦いを描いたこの映画は、実は韓国の映画『私が殺人犯だ』(2014年)が原作だ。

面白いことに『22年目の告白―私が殺人犯です―』の主演・藤原竜也は、以前も韓国映画『超能力者』のリメイク『MONSTERZ モンスターズ』で主演を担ったことがある。

このように最近は韓国映画を原作とする日本映画も増えつつあるが、韓国では以前から日本の映画やドラマを原作とする映画が多く作られてきた。その代表作を一挙に紹介しよう。