AKB“結婚宣言”に動揺する日本アイドル界と、すでに現役アイドルの結婚事例がある韓国との違い

Pocket
LINEで送る

先日行われた「第9回AKB選抜総選挙」の開票イベントで、NMB48のメンバー須藤凜々花が結婚を発表した。突然の結婚発表に対して、大きな波紋が広がっている。

関連報道によると、須藤は事実上の「解雇」が濃厚とのこと。周知の通り同グループには「恋愛禁止」というルールがあり、これまで恋愛スキャンダルで複数のメンバーが“ペナルティ”を科せられている。

その流れでいえば、解雇は当然のことかもしれない。ただ、一般の会社で結婚したからと解雇にすれば、大問題だろう。アイドルならではの特殊性や難しさが議論をさらに白熱化していると感じる。

日本を代表するアイドルグループの前代未聞の結婚発表だけに、お隣・韓国でも注目は高い。

韓国でもアイドルの恋愛はご法度。しかし…

日本ではアイドルの恋愛に厳しい意見が飛ぶのが常だが、それは韓国でも同じ。少なくない韓国のアイドルが恋愛スキャンダルでバッシングや批判を浴びてきた。