【画像あり】韓国の“旭日旗クレーム”が過剰にグローバル化していることへの“危うさ”

Pocket
LINEで送る

7月に韓国で公開予定の映画『軍艦島』の予告映像が物議を醸している。予告映像の最後に、旭日旗を真っ二つに引き裂くシーンがあるのだ。

映像を見た韓国ネット民たちは、「旭日旗を切る瞬間、鳥肌が立った」「早く(映画を)観たい」「予告編を見て鳥肌がたったのは初めて」などといった反応を見せているという。

同映画は何かと話題になっていたが、今回公開された予告映像のラストシーンはインパクトが強すぎた。

そんな映像や反応を見ればわかるように、旭日旗は現在、慰安婦問題や竹島問題と同じような韓国の政治イシューとなっている。

少しでも旭日旗を連想させるようなデザイン、模様、形があれば、激しいクレームが飛んでおり、その動きが日を追うごとに過剰に、そしてグローバル化していると感じてしまう今日この頃でもある。

“旭日旗クレーム”に世界が困惑

例えば去る6月20日、アメリカの有名歌手ケイティ・ペリーがインスタグラムに、自らがデザインを手がけた靴の写真をアップしたのだが、韓国ではその写真の赤白の背景が「旭日旗」を連想させるとして、非難の声が上がった。