Kリーグで待望の今季初ゴールを決めた元日本代表のあの男!!

Pocket
LINEで送る

今季初の待望のゴールがついに生まれた。韓国Kリーグでのことだ。

6月26日、韓国ではKリーグ・チャレンジ(2部リーグ)の第18節が行われたが、安山(アンサン)グリナースFC対釜山アイパーク戦で、釜山アイパークに所属する安田理大が後半14分に左足で押し込んでKリーグ初ゴールを決めたのだ。

ガンバ大阪などで活躍し、2007年にはナビスコカップのニューヒーロー賞とMVPをダブル受賞、日本代表歴もある安田。昨季限りで名古屋グランパスとの契約が満了した彼は今季からKリーグの釜山アイパークの一員となったが、ついに初ゴールを決めた。

安田の活躍はメインニュースにも

昨季はFCソウルに高萩洋次郎、蔚山現代に増田誓志といった日本人選手が活躍したKリーグ。