「子供の貧困率」で日本に圧勝した韓国だが…その背景にある“もうひとつの真実”とは?

Pocket
LINEで送る

低いという結果は良いことだが、この結果を単純に手放しでは喜べないというのが韓国専門家たちの意見のようだ。

前出のヨ室長は、「低所得の若者は中間層以上と比べて、子供を産むことが少ない。だから子供の貧困率が下がったと考えられる」と話している。

韓国ネット民たちも「韓国で子供の貧困率が低いのは、貧乏人が“ヘル朝鮮”を悟って出産を避けているから。結果的に生まれた子供を集めると、貧困率は下がる」などと書き込んでいた。

つまるところ、結婚や出産によって貧困になる可能性が高いと考える韓国の若者たちが、子供を作らないという“戦略的選択”をしているというわけだ。

「地球上で真っ先に消え去る国」という指摘

実際に韓国の出生率は日本以上に低い。