長瀬智也主演『ごめん、愛してる』を観る上で知っておきたい“ちょっといい話”

Pocket
LINEで送る

TBS系列で始まったドラマ『ごめん、愛してる』。長瀬智也の日曜劇場初主演など話題を集めているが、実は同作が韓国ドラマのリメイクであることをご存じだろうか。

韓国でのタイトルも『ミアナダ(ごめん)・サランハンダ(愛してる)』。2004年11月から12月まで全16話構成で国営放送KBSで放映され、平均視聴率20.3%、最高視聴率29.2%を記録した。

グイグイと引き込まれるストーリーにハマッてしまう人々が多いことから、タイトルを略した「ミサ・ペイン(廃人)」という熱狂的ファンが多数誕生し、その人気は今も根強い。

実は日韓で多いドラマ・リメイク交流

そのため、韓国では4月から日本でのリメイクが記事になっていた。