逮捕者に自殺者まで!! 不正賭博と八百長が絶えない韓国プロスポーツ界の闇

Pocket
LINEで送る

八百長が発覚したKリーグでは選手宣誓が行われた(写真提供=SPORTSKOREA)
八百長が発覚したKリーグでは選手宣誓が行われた(写真提供=SPORTSKOREA)

人気球団・巨人の野球賭博発覚で揺れる日本プロ野球界。プロスポーツ界に暗い影を落としているが、韓国でもプロスポーツでの八百長・不正賭博事件が過去に起きている。

韓国では1982年にプロ野球、1983年にプロサッカー(Kリーグ)、1997年にプロバスケットボールリーグ(KBL)、2005年にはプロバレーボールリーグ(KOVO)が発足しているが、いずれのプロスポーツも過去に“八百長”事件を起こしているのだ。

例えば2011年5月にはKリーグで八百長事件が発覚。それもチェ・ソングッ(元柏レイソル)やキム・ドンヒョン(元大分トリニータ)など代表韓国経験者を含む47人が起訴され、現役選手1人、元選手1人、元監督1人が自殺する一大スキャンダルが起きている。

2012年2月にはKOVO で八百長が発覚し、現役・引退選手16人が追放に。その中には男子代表のパク・ジュンボン、女子代表のチョン・インジョンも含まれていた。

八百長事件で自殺者も!!

同じ年にはプロ野球でも八百長疑惑が取り沙汰されて、信じられなことが発覚した。