イ・ボミが1位じゃない? 日本で最も優勝している韓国人女子ゴルファーは誰か

Pocket
LINEで送る

昨日から始まった国内女子ゴルフツアーの「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」。従来のトーナメントとは一線画するさまざまなエンターテインメント要素が盛り込まれた大会として知られているが、今年は韓国でも注目度が高い。

といっても、その華やかに関心が集まっているわけではない。

有名タレントがプレゼンターを務めたりスペシャルゲストを務めることはしばしばあるし、「サマンサタバサ・レディース」の目玉でもあるランウェイほどではないが、韓国でも「KLPGAアワード」では女子プロたちの華やかなドレス姿でレッドカーペットを歩く“ランウェイ”が披露されて話題になるのだ。

むしろ韓国メディアが注目と期待を寄せるのは、「サマンサタバサ・レディース」で更新されそうな数字にある。

「201回」の意味

スポーツメディア『SPOTV NEWS』などは、「韓国女子ゴルファーたち、サマンサタバサ・レディースで201回目の日本征服に挑戦」と報じているほどだ。