Kリーグにおける日本人選手の評価は? 蔚山に移籍した阿部拓馬は成功できるのか

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)阿部拓馬
FC東京からKリーグの蔚山現代に完全移籍した阿部拓馬。

ドイツ・ブンデスリーガ2部のVfRアーレンでのプレー経験もあることから、韓国メディアも「ドイツ経験の日本人アタッカー・阿部」(『スポーツ東亜』)、「“ドイツ派”のマルチアタッカー阿部」(『OSEN』)と期待を寄せている。

もっとも、Kリーグに日本人選手がやってくることは珍しいことではない。

海本幸治郎が2001年に城南一和(現・城南FC)に加入して以来、前園真聖(2003~2004年)など多くの日本人選手がKリーグでプレーしている。

アジア枠が導入された2009年には戸田和幸が慶南FC、大橋正博が江原FC、岡山一成が浦項スティーラーズでプレー。2010年には高原直泰が水原三星で活躍した。

2011年には馬場優太が大田シチズンで、2012年は家長昭博(蔚山現代)、島田裕介(江原FC)、エスクデロ競飛王(FCソウル)がKリーグでプレーしているのだ。

日本人選手が再評価されているワケ

そんなKリーグ日本人選手の系譜のなかで、近年最も大きな成功を収めたのは昨季までFCソウルに所属した高萩洋次郎だった。