韓国代表GKチョン・ソンリョンが川崎で感じた「日韓サッカーの違い」

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)チョン・ソンリョン

【前回】川崎フロンターレ韓国人GKチョン・ソンリョンに聞く「J」と「K」

昨シーズン前、水原三星から川崎フロンターレに移籍し、Jリーグ1年目にして29試合に出場して文字通りチームの守護神として活躍するチョン・ソンリョン。

韓国代表として2度のワールドカップとオリンピック、さらに城南一和時代にはACL優勝も経験している。

ACL準々決勝の浦和レッズ戦を8月23日に控え、未だタイトルのない川崎にとって重要なポジションを担っているが、すでに彼がKリーグとは一味違う日本のパスサッカーに馴染んでいることは前回紹介したとおりだ。

Jは選手の側からファンに歩み寄る

ただ、彼はサッカーだけでなく、Jリーグのシステムや文化にも好感を持っている。