数値は3倍以上!? 東京よりもソウルが放射線に汚染されている理由

Pocket
LINEで送る

韓国には2016年末の時点で運転可能な原発が25基ある。これは世界で6番目に多い数だが、見過ごせないのはその密集度だ。

原発が未収していることについては、文在寅大統領も「我が国は全世界で原子力発電所が最も密集した国」と語っているほど。

それだけに万が一事故が発生した場合には「想像を絶する被害につながり得る」(文大統領)が、韓国の原発では事故や故障が多発しているのが実情だ。

1978年に稼働を開始した古里原発1号機では、これまで130件以上の事故や故障が発生しいる。全部で原発が25基もあることを考えると、その数が非常に多いことは想像に難くない。

「原子力発電の故障により放射線量が高くなっているのではないか」と追及された事実は見つけられなかったが、その可能性は否定できないだろう。

自然放射線に人為的な原因も重なって放射線量が日本よりも高くなっている韓国。韓国人が日本の放射線量に過敏に反応するのは、自国の惨状から目を背けたいという意思の表れでもあるのかもしれない。

(文=S-KOREA編集部)

■「ショッキング」関連記事
「東京で奇形生物」に「ほら見ろ!!」の声…日本以上な韓国の“放射能アレルギー”
10人に1人が韓国を「敵国」と見なす理由とは? すれ違う米韓国民感情の実態
韓国否定派が65%!! なぜドイツは世界一の“嫌韓国家”なのか