転げ落ちるようにKリーグの観客動員数がさらに激減…その原因はどこにあるか

Pocket
LINEで送る

Kリーグの観客動員数が落ち込んでいる。

韓国プロサッカー連盟が7月27日に発表したところによれば、前半戦第23節を折り返した時点でのKリーグクラシック(1部リーグ)の平均観客動員数は6687人だった。

単純比較はできないが、これは7月5日時点でのJリーグの平均観客動員数1万8701人と比べても少ないことがわかる。

昨シーズンの7866人と比較しても1000人以上減っており、2015年シーズンの7770人、2014年シーズンの7931人と比べても圧倒的に少ない数字だ。

6月18日に行われた水原三星対FCソウルの試合もその状況を象徴している。韓国では両者の対決は「スーパーマッチ」と呼ばれ、毎シーズン3万人以上を動員する「Kリーグの自尊心を守っていた指標」(『スポーツワールド』)だったが、この試合の観客動員数は2万140人に過ぎなかった。2万5000人を割ったのは2005年以降初めてのことだった。

韓国代表の混乱が与える影響

なぜ、Kリーグの観客が減っているのか。