2020年には日本を超える!? 韓国の最低賃金の値上げ率がスゴい

Pocket
LINEで送る

日本の今年度の最低賃金の目安が決まった。前年度から3%引き上げた全国平均848円となった。

これは2年連続過去最大の引き上げ率で、「毎年3%程度引き上げ」という安倍政権の目標に合わせる形となっている。

お隣・韓国でも2018年度の最低賃金が決まった。それも、過去最大の引き上げ幅だ。

韓国は16.4%アップの背景

2017年現在の最低賃金は6470ウォン(約640円)だが、来年度はなんと16.4%引き上げた7530ウォン(約750円)になるという。