K-POPアイドルグループ“多国籍化”の光と影④韓国人のいない「K-POP」はあり得るか?

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)TWICE
【前回】K-POPアイドルグループ“多国籍化”の光と影③外国人メンバーの探し方と育て方

K-POPアイドルグループの多国籍化が続いている。

日本で話題沸騰中のTWICEに日本人(ミナ、サナ、モモ)と台湾人メンバー(ツウィ)がいるのは周知のとおりであるし、ほかにもBLACK PINK、miss A、GOT7など、多国籍グループは枚挙にいとまがない。

外国人メンバーの登用は、本欄でも説明したとおりK-POPの世界進出を視野に入れた戦略の一つだが、今やK-POPがアジアのみならずアメリカやヨーロッパでも注目され始めている状況を見ると、この現象は当面は続いていくことが予想される。

全員外国人のグループが登場

ただ、多国籍化が進むということは、相対的に韓国人メンバーが減るということでもある。