応募は数千人! 美ボディだらけのオーデション番組まで生み出す韓国“スポテイナー”とは?

Pocket
LINEで送る

ここ数年、韓国で盛り上がっている“マッスル・ブーム”。

もともと健康志向が高く、さらには何かと見た目や他人の目を気にする“外見至上主義”が絡み合って、多くの男女が筋力トレーニングに励んで体を鍛えるようになっているが、そんな韓国の“マッスル・ブーム”を象徴するかのようなイベントがある。

「Top Of Muscles」。韓国では別名“TOMS”と呼ばれるもので、その様式は「NABAA WFFコリアグランプリ」「WBFFコリア・チャンピオンシップ」といった有名大会とも一線を画す。

マッスル・ブームは国も認めた!?

韓国で最も有名なマッスル大会といえば、日本の写真週刊誌でも紹介されたことがある“美少女マッスル・クイーン”チェ・ソルファらを輩出した「マッスルマニア」だが、「Top Of Muscles」はその「マッスルマニア」もない後ろ盾がある。