BTSこと「防弾少年団」が、日韓のみならず世界で通用した理由は

Pocket
LINEで送る

韓国のボーイズグループ「防弾少年団」が、日韓で大きな人気を呼んでいる。

2013年に韓国でデビューした防弾少年団は、デビュー直後から「韓国ゴールデンディスクアワード」などで新人賞を独占。今年2月に発売したアルバム『WINGS外伝:You Never Walk Alone』も、GAONチャートの上半期売り上げランキング1位を獲得している。

一方、日本でも2014年のデビュー以来、人気はうなぎ上りで、今年5月に発売したシングル「血、汗、涙」はオリコン2017年上半期ランキングで11位にランクイン。韓国歌手としては唯一のベスト20位以内に入り、シングル・アルバムを合わせて海外アーティストで最高順位を記録した。

さらに、2月から開催したワールドツアーもチケットは完売。日本での13公演では14万5,000人を動員している。

大ブレイクの理由は

まさに日韓の音楽チャートを席巻している彼らだが、その人気には韓国メディアも驚きを隠せない。