崖っぷちに立つ韓国サッカー。ロシア行き失敗なら待ち受ける“危機”

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)イラン戦を前に調整する韓国代表
韓国に来ている。本日8月31日にソウル・ワールドカップ・スタジアムで行われるロシアW杯アジア最終予選の韓国対イラン戦を取材するためだ。

イラン、ウズベキスタン、カタール、中国、シリアと同じグループAに属する韓国。だが、ハリル・ジャパン同様に予選では苦戦中。

最終予選では不甲斐ない戦いが続き、アウェーではシリア(0-0)、イラン(0-1)、中国(0-1)、カタール(2-3)と一度も勝っていない。

それでも現在、勝ち点13でグループ2位にあるが、3位ウズベキスタンとの勝ち点差はわずか「1」。予断を許さない状況にある。

ケガ人も多い韓国の欧州組

事態を重く見た韓国サッカー協会(KFA)は、それまでチームを率いていたドイツ人指揮官ウリ・シュティーリケ監督を更迭。