“なでしこジャパン”に挑む韓国女子サッカーの本当の実力

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTSKOREA)
(写真提供=SPORTSKOREA)

2月29日から始まったサッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選。日本女子代表は3月2日に韓国女子代表と第2戦を戦うが、韓国女子サッカーは近年、着実に力をつけている。

2010年にはU-20女子ワールドカップ3位、U-17女子ワールドカップでは優勝に輝き、2015年6月にカナダで行われた女子ワールドカップでは、悲願の1勝と初の決勝トーナメント進出も達成。2003年大会以来2度目のワールドカップ出場で達成したその快挙は、「テハンナンジャ(大韓娘子)、新しい歴史を刻んだ」、「男子は48年かかった偉業、女子は12年で成し遂げた」と称えられた。

そんな韓国女子サッカーが次なるターゲットとして目標に定めてきたのが、リオデジャネイロ五輪である。韓国女子は2004年アテネ五輪から予選に参加しているが、まだオリンピック出場がないだけに今回は是が非でも出場権を獲得したいと意気込んでいる。

チームを率いるのは、2015年女子ワールドカップでも采配を振るったユン・ドクヨ監督。今年1月には中国で行なわれた4カ国親善大会で実戦感覚を磨き、2月4日から木浦(モクポ)で3週間の強化合宿を経て決戦の舞台・大阪にやって来た。

ただ、韓国女子の対日本成績は分が悪い。