「W杯は延命処置に過ぎない」ロシア行き確定でも前途多難な韓国サッカーの“現在”

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)韓国vsウズベキスタン
サッカー韓国代表がなんとかロシアW杯行きを決めた。

韓国代表は9月6日(現地時間9月5日)、タシケントでウズベキスタン代表とロシアW杯アジア最終予選を行い、0-0のドロー。同時刻にグループAを2位で通過し、ロシアW杯出場を決めた。

6月にドイツ人監督ウリ・シュティーリケ監督を更迭し、その後任候補を巡ってはさまざまな論争が起きるも、最終的には“ソバンス(消防手=火消し役)”の異名を持つシン・テヨン監督に任せることになったが、とりあえずその務めを果たしたことになる。

シン・テヨン監督を推した元Jリーガーの技術委員たち、ほっと胸をなでおろしていることだろう。

緊急登板の新監督は役目を果たしたが…

これによって韓国は1986年メキシコ大会から続いていたワールドカップ連続出場記録を「9回」に伸ばした。一見すると結果オーライとすることもできるが、なんともスッキリしない。