韓国のアイドルオーディション番組が音楽業界から猛批判を浴びている理由

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)WANNA ONE
韓国で、オーディション番組出身のアイドルが人気を集めている。

日本で人気急上昇中のTWICEはその筆頭だ。彼女たちは、2015年にケーブルテレビ局Mnetで放送されたオーディション番組『SIXTEEN』から輩出されている。

また、今年6月まで同じくMnetで放送された『プロデュース101/シーズン2』からデビューしたボーイズグループ“WANNA ONE”は、韓国で異常ともいえる人気を見せている。

8月7日に発売されたデビューミニアルバム『1×1=1(To Be One)』は、発売開始早々で売上が53万枚を記録した。これは、「初動で3万枚を売り上げれば大成功」といわれる韓国において、驚異的な数字だといえる。

こうした人気アイドルを生み出しているオーディション番組たちのほとんどは、アイドル候補生がサバイバル形式で争う内容で構成されている。視聴者からの人気があったり実力があるメンバーだけが、アイドルとしてデビューできるというものだ。

最近は彼ら・彼女らの人気の高さが注目され始め、国営放送局KBSまでもが『THE UNIT』(10月から放送予定)というアイドル再起オーディション番組を編成するなど、オーディション番組は一大ブームを巻き起こしている。

オーディション番組は「放送メディアの横暴」

ただ、このような活況の裏では、オーディション番組に対する批判もある。