名将ヒディンクが韓国代表監督に再登板を表明!? その真相を探る

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)
辛うじてロシアW杯出場を決めた韓国サッカー界がトンデモニュースで湧いている。

2002年の日韓W杯で韓国代表を率いたオランダの名将フース・ヒディンク監督が、韓国代表監督再登板に興味を示しているという報道が、突如、なされたのだ。

報じたのは韓国のニュース専門テレビ局『YTN』。

同メディアは9月6日夜、「ヒディンク、韓国民が望むなら韓国代表を引き受けることができる」と報道。取材した記者によると、ヒディンクは今年6月にドイツ人監督のウリ・シュティーリケ監督が更迭されると、「韓国民が望むなら韓国代表を引き受けることもできる」と側近に漏らしたという。

韓国サッカー界を大改革させた国民的英雄

この報道を受けて、韓国メディアでは一斉にヒディンク再登板の可能性が論じられた。