“殺虫剤入り卵”が世界40カ国で検出されるなかで、自国産の卵がさらにヤバい韓国の憂鬱

Pocket
LINEで送る

殺虫剤フィプロニルが混入した卵が世界40カ国で見つかったという。

9月5日にドイツDPA通信が報じたニュースで、そのうち欧州連合(EU)加盟国が24カ国に上ったというのだ。この結果、ヨーロッパのスーパーマーケットでは数百万個の卵が回収される事態が起こっている。

ヨーロッパ以外ではアメリカやロシア、南アフリカ、トルコでも問題の卵が見つかったそうだが、実は韓国でもなぜか殺虫剤入りの卵が大問題となっている。

約1週間、韓国に滞在したが、知人や友人と食事の席をともにすると、自然と卵のことが話題になることも多かった。

なぜか韓国でも殺虫剤入り卵が…

韓国ではフィプロニルやビフェントリンなど殺虫剤の成分が入った卵が、韓国国内49カ所の農場から生産・流通されたことが8月中旬に判明。