日本のロンドンタウンがコースレコードで圧勝!! 第2回コリアカップの詳細レース結果

Pocket
LINEで送る

勝ちタイムは1:50.7で、ソウル競馬場1800mのレコード(1:52.1)を大幅に更新しての圧勝だった。

レースラップは13.7-12.0-12.4-11.8-11.8-11.7-12.7-12.2-12.4。49.9-11.8-49.0と若干のハイペースとなった。

続いて、各馬の通過順位。

1コーナー:11,10,(3,4,8),2,(5,6),(1,7,9)
2コーナー:(11,10),8,(3,4),(2,5,6),(7,9),1
3コーナー:11,10-(4,8),(3,2,6)-(7,5,9),1
4コーナー:11,10-4-(8,2,6),7,3-5,(9,1)

配当は意外においしかった!?

終始⑪ロンドンタウンと⑩クリソライトの一騎打ちであったことがわかる。