「右翼じゃなかったの?」ヘイト攻撃にさらされた水原希子に対する韓国人の反応は

Pocket
LINEで送る

いずれにせよ、彼女が日本で活動する以上、それこそ「強い心を持って」やっていかなければならないのは事実。

2015年に行われた韓国のファッション雑誌「HIGHCUT」とのインタビューで水原は「(自分には)韓国人の血が流れている。韓国語もそこそこ出来る。今後、頑張って韓国で活動したい」と、“韓国愛”を披露したこともあるが、現状を見る限り、韓国で歓迎されるためには、まだまだ時間が必要になりそうだ。

(参考記事:【画像&動画】男性誌『MAXIM KOREA』9月の表紙を飾った日本人K-POPアイドル、RUIとは?

(文=S-KOREA編集部)