【写真38枚】時代を席巻した韓国の”セックス・シンボル”イ・ヒョリのフォトヒストリー

Pocket
LINEで送る

“韓国のブリトニー・スピアーズ”と呼ばれる歌手のイ・ヒョリ。

もともとはガールズグループ”Fin.K.L(ピングル)”のメンバーとしてデビューした彼女は、ソロ活動で大ブレイク。激しく腰を動かすダンスが大きな注目を集め、今や韓国歌謡界の“セックス・シンボル”となっている。

最近も人気バラエティ番組『ヒョリの民泊』(JTBC)でヨガをする姿を披露し、韓国にヨガブームを巻き起こしており、その人気と影響力は絶大だ。

先日、安室奈美恵が芸能界引退を発表した際も、“J-POPの女王”と“K-POPの女王”として何かと比較されることが少なくなかった。

韓国“セックス・シンボル”の写真38枚!!

次ページからは、韓国芸能界No.1の美乳の持ち主とも言われる彼女のソロデビュー(2003年)以降の活躍を、韓国メディアが激写したセクシー写真で振り返ってみよう。