欧州各国の“不参加ドミノ”だけじゃない。平昌五輪が解決に苦しむ最重要課題とは?

Pocket
LINEで送る

開幕まで140日を切った韓国・平昌五輪に、新たな懸念が浮上している。

緊張高まる北朝鮮情勢を理由に、フランスやオーストリア、ドイツといった欧州各国が参加辞退の可能性を示唆したのだ。

報道によれば、オーストリアのオリンピック委員会会長は「(北朝鮮情勢の)状況が悪化し、自国選手団の安全が保障されなくなった場合、我々は韓国には行かない」と語ったという。

フランスに続き、オーストリアやドイツも

ドイツは「より控えめな立場を表明」(『AFPBB News』)したそうだが、韓国としては看過できない事態だろう。