さすがに戦争は怖い!? 韓国で繰り広げられている秋夕(お盆)の珍風景とは

Pocket
LINEで送る

北朝鮮による核実験や相次ぐ弾道ミサイルの発射が、朝鮮半島での戦争勃発に対する懸念を広めている。

韓国では北朝鮮をめぐる日本やアメリカ政府の動向が連日報道されており、ゴールドバーを買い込んで有事の際に備えようとする人たちも登場した。

元アメリカ空軍准将だったロブ・ギヴンズ(Rob Given)は、9月25日に掲載された『Los Angeles Times』とのインタビューで「米国防部は、朝鮮半島で戦争勃発の際、核兵器を使わなくとも毎日2万人の死亡を推定している」とコメントし、危機感を募らせている。

そんな中、10月の頭からは日本のお盆にあたる秋夕(チュソク)休みに突入するのだが、秋夕の贈り物として今年新しく浮上したのが、「生存リュック」と呼ばれる非常用の持ち出し袋である。