ネット騒然「ナゾのIQOS美女」も登場!! そのスゴい“故障防止策”をラクラク実践する便利グッズとは?

Pocket
LINEで送る

日本で爆発的な人気を誇っている加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」。そのデバイスは日本国内の販売台数が300万台を超えており、ユーザーも100万人に達したと報じられている。

IQOSの人気は、お隣・韓国でも証明されているようだ。

韓国では今年6月から販売が開始。販売店に長蛇の列ができるほど大好評となり、9月現在、韓国タバコ市場の5.0%を占める人気を見せている。日本では販売開始後の同時期、市場占有率が0.8%に過ぎなかったというのだから、いかに韓国でIQOSの出だしが好調だったかがわかるだろう。

“IQOS美女”も登場し、一部のネット上で話題になっている。

(写真=インスタグラム)

Instagramに公開した写真の中でIQOSをかわいらしくアピールしている彼女は、ヘビースモーカーの彼氏のためにIQOSを購入したそうだ。

しかし発売から4カ月が経ち、韓国のIQOSユーザーたちが不満を募らせているという。原因は、故障だ。

その①IQOS本体にケースを装着する

ただ、スマホと同様に、IQOSも物理的に保護すれば耐久性が上がることは明らか。韓国では耐久性はもちろん、利便性・ファッション性などにもこだわってケースを装着している人が少なくない。

単純かつ効果的なこの方法は、日本でも実践できる。

例えば、株式会社Fantastickから発売されている「Fantastick EXTREME PROTECTOR for IQOS」は、衝撃吸収と落下防止に特化したIQOSケースだ。

IQOS専用保護ケース「Fantastick EXTREME PROTECTOR for IQOS」

2016年8月の販売開始から、すでに3万個を出荷している人気商品なのだが、何よりの魅力は、業界初の“一体型シリコンケース”であるということ。独自にデザインされた形状で、IQOSへの衝撃を緩和するだけでなく、装着したままバッテリーゲージの確認や各ボタンにもアクセスできる機能的なデザインとなっている。

さらにストラップホール付きで落下も防ぐ、まさにオールインワンの高機能ケースだ。
商品詳細はこちら

耐久性に加えてファッション性にも重きを置きたいIQOSユーザーには、「Fantastick Denim Case for IQOS」がハマるかもしれない。

「Fantastick Denim Case for IQOS」

発売即完売となった人気シリーズの最新作は、ヴィンテージ感のある良質なデニム素材を使用し、トラッドなスタイルにもカジュアルにも馴染むシンプルなデザインが魅力だ。

IQOS本体からつくられた金型で極薄の金属パーツを作成し、本体の曲面形状にぴったりと馴染むデザインを実現。生地の弛み、型崩れなどもなく、装着したまま操作・充電も可能だ。

デニムシリーズのラインナップのひとつでもある「Fantastick Pocket Ashtray Denim」(携帯灰皿)と組み合わせれば、さらに一体感のあるスタイルに。実用的でお洒落なIQOSケースの完成形といってもいいだろう。
商品詳細はこちら

IQOSの蓋が閉まらない不具合が起きてしまった場合は、「Fantastick iSuit Case for iQOS」がおすすめだ。

「Fantastick iSuit Case for iQOS」

開閉ボタン部分に作られた独自のロックシステムがIQOSを保護するばかりか、柔らかいシリコンと硬いポリカーボネートの2層構造で万が一の落下時にも安心。

スーツケースをイメージさせる遊び心のあるデザインは、スマートでスタイリッシュな印象を与えてくれる。
商品詳細はこちら

その②クリーニング方法を変える

IQOS公式サイトでアナウンスされているように、IQOSは定期的なクリーニングを行うことで最適な品質を保つことができる。たしかにIQOSを定期的にクリーニングすれば故障を防ぎ、IQOS本来のクリアな味を楽しめることは事実だろう。

ただ、付属のブラシや専用のクリーニングスティックスでは、いまいち綺麗にならないと感じている人も多いはず。それゆえ韓国のコアユーザーの間では、綿棒に消毒用エタノールを染み込ませて掃除する方法が注目を集めている。一段上のクリーニング方法というわけだ。

日本ではさらに手軽に、一段上のクリーニング方法を実践できる。使うのは、電子タバコクリーナー「伏龍泉 Clew(クリュー)」だ。

電子タバコクリーナー「伏龍泉 Clew(クリュー)」

ヤニや焦げ付きをしっかり落としてくれ、その爽快感は一度使ったら離れられなくなるほど。電子タバコの金属部分を腐食させることもなく、IQOSの味にも影響を与えない。もちろん手肌についても肌荒れを起こすこともない、優れものだ。

その秘密は、「伏龍泉 Clew(クリュー)」が水とミネラル類のみで作られているから。下の実験動画からもわかるように、「伏龍泉 Clew(クリュー)」は一般的なアルカリ電解水クリーナーとは違って、金属の表面を溶かすようなことはなく、IQOSを痛めることがない。

うかつに薬品を使うと故障や思わぬ健康被害が生じる可能性があるが、「伏龍泉 Clew(クリュー)」を使えば簡単に一段上のクリーニングができるのだ。
商品詳細はこちら

その③使用法を正しく守る

韓国では、故障を未然に防ぐために、IQOSの使用法を正しく守ることも重視されており、「スティックは回転させずに挿入する」「喫煙後はキャップを引き出してからスティックを抜く」などを意識的に行っているという声が見受けられる。

基本中の基本だが、IQOSの故障を防ぐためには重要なポイントであることは間違いない。

いずれにせよ、日本と同様、韓国でも人気を集めているIQOS。故障を防ぎ、より一層IQOSライフを楽しむためにも、ここで紹介した3つの対策を試してみるのもいいかもしれない。

(文=S-KOREA編集部)