美しすぎる“黄金比率のヨガ女神”イ・ユジュが語る韓国のヨガ事情

Pocket
LINEで送る

(写真=イ・ユジュInstagram)
――韓国では最近、ヨガやティラピスのインストラクターのメディア露出が増えています。イ・ユジュさんも各種メディアに引っ張りだこですよね。

私の場合、ヨガを教える立場としてずっと悩んでいた部分がありました。ヨガ教室って、1人の講師が大勢の受講生を相手にレッスンしますよね。そうすると受講生のポーズや呼吸が正しいか、一つひとつをくまなくチェックできないときもあるんです。

そういう部分にもどかしさを感じていたところに、『ヘルスTV』というインターネットチャンネルでヨガの動画レッスンをしてみないかと声をかけられました。その他にも、たまにバラエティ番組でヨガを披露したりしているので、たくさんの方が興味を持ってくださっていると思います。

――インスタグラムも積極的に活用されています。

頻繁に連絡が取れない友人に近況を知らせられるのがSNSのメリットですよね。それから自分の考えを共有したり、マーケティングに利用したりもしています。運動されている人のなかには、トレーニングの成果や自分の成長記録として活用する場合もあります。毎日同じ場所で同じ服を着て写真を撮って、体の変化を記録するとか。

――一部の韓国メディアではユジュさんの投稿写真を見て“セクシー”に焦点を当てて見出しを打ったりもします。それについて、どう思っていますか。