韓国プロ野球の国民的打者・李承ヨプの、“現役最後の試合”を写真とともに振り返る!!

Pocket
LINEで送る

2004年から千葉ロッテ、巨人、オリックスでプレーし、2012年に韓国プロ野球に復帰した李承ヨプが、23年間の現役生活を終えた。

2年前に「2017年シーズン限りで引退する」と表明していた李承ヨプは、8月から韓国プロ野球史上初となる“引退ツアー”を開始。各球場に訪れるたびに野球ファンとホーム球団へ感謝の気持ちを伝えながら、引退準備を着々と進めた。

サムスン・ライオンズの今季最終戦が行われた10月3日。

李承ヨプの引退試合でもあるその日は、妻のソンジョンさんが投手、李承ヨプが捕手を務める“夫婦始球式”で試合の幕が開けた。ソンジョンさんがグラウンドの中に入ってきたのは、結婚生活16年目にして初めてだったという。

(写真提供=SPORTS KOREA)
(写真提供=SPORTS KOREA)
(写真提供=SPORTS KOREA)
(写真提供=SPORTS KOREA)

球場には日本からのファンも多かった。試合前の囲み取材で李承ヨプは、8年間の日本時代ついてこう振り返っている。