韓国フィギュア選手は平日に練習ができない!? 日本とは雲泥の差がある育成環境とは

Pocket
LINEで送る

平昌五輪の開幕を間近に控え、盛り上がりを見せているフィギュアスケート。

羽生結弦をはじめとした有望選手たちの動向が連日、報じられているが、フィギュアに関心が集まっているのは、お隣・韓国も同様だ。

韓国で「ウィンタースポーツの花」と呼ばれているフィギュアは、冬季五輪種目の中でも特に注目されている。

ただ、韓国フィギュアの実力は日本には遠く及ばないと言わざるを得ない。

それは、9月30日のネーベルホルン杯でイ・ジュンヒョンが16年ぶりに男子に五輪出場権をもたらしたことが「快挙」と言われていることからもわかるだろう。

女子を見ても、4月の世界選手権でチェ・ダビンが平昌五輪の出場枠を2つ勝ち取ったことに韓国メディアは大喜びしていた。日本も獲得した出場枠は2つだが、出場枠「3」を逃したのは2002年のソルトレーク五輪以来4大会ぶりで、日本では落胆とともに伝えられることが多い。

韓国人選手が迫られる選択とは

それほど日本と韓国のフィギュアには大きな実力差があるということだが、その一因は、指導者不足にあるだろう。