少女時代「解散」カウントダウンになってしまうのか。彼女たちがいま直面する現実とは?

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)少女時代
韓国はもちろん、日本でも人気を誇ったガールズグループ少女時代が大きな岐路に立たされている。彼女たちが所属するSMエンターテインメントは10月9日、スヨン、ティファニー、ソヒョンの3人と再契約しない方針であることを発表したのだ。

リーダーのテヨン、ユナ、ヒョヨン、ユリ、サニーの5人とは再契約を交わしたという。

2007年に9人組でデビューした少女時代は、2014年9月にジェシカが脱退したもののそこから8人体制を維持し、今年8月にはデビュー10周年アルバムと記念のファンミーティングも開いていた。

練習生時代から培った絆もあったが…

KARA、4minute、SISTAR、2NE1などが飲み込まれたK-POPガールズ“7年目の呪い”こそ乗り越えた少女時代だが、そんな彼女たちですら袂を分かつことになってしまっただけに、韓国のメディアもファンもシヨックを隠せない。