華麗なレッドカーペットにも注目!! 初めて「女たちが開き閉じる」今年の釜山国際映画祭

Pocket
LINEで送る

(写真=釜山国際映画祭HP)
10月12日から同21日まで、韓国では「第22回釜山(プサン)国際映画祭」(BIFF)が開幕している。

1996年から行われているBIFFは、映画の出品数や訪れる映画関係者数などがアジア最多ともいわれており、今や世界でも有名な映画祭のひとつだ。

今年も世界75か国から約300作品が招待上映される。そのうち、世界初上映となるワールドプレミアが99作品、自国以外の国で初公開されるインターナションル・プレミアは31作品となるが、「今年のBIFFは女たちが開けて閉じる」(『韓国日報』)といわれている。

豪華で大胆なレッドカーペットにも注目

今年はカンヌ映画祭とベルリン映画祭で受賞歴がある、韓国の女性監督シン・スウォン監督の新作『ガラスの庭園』が映画祭のオープニングを飾った。