逮捕から6カ月過ぎても容疑を否認…朴槿恵(パク・クネ)が韓国の裁判に“絶望”している理由

Pocket
LINEで送る

10月22日の投開票を目前に日本では選挙の話題が尽きないが、お隣・韓国では朴槿恵(パク・クネ)前大統領が注目を集めている。

朴前大統領が今年3月31日に逮捕されてから、すでに半年以上が経過。容疑を否認し続けている彼女に、裁判所は10月16日、拘束期間を延長したのだが、その日、朴前大統領は初めて今の心境を法廷で語った。

複数の韓国メディアによれば、朴前大統領は「この事件の歴史的責任は私が負う。すべての責任を私に問い、私のことで法廷に立った元政府関係者や企業関係者に寛容をお願いしたい」などと語ったという。

その際、「拘束されて裁判を受けた去る6カ月は、みじめで悲惨な時間だった」と振り返っており、拘置所生活の苦しみが伝わってくる。
(参考記事:韓国の前大統領・朴槿恵(パク・クネ)は今、どこで何をしているのか

韓国の裁判に絶望しているワケ

それでも「身から出た錆」「自業自得」としかいいようがないだろう。