「最期は自分の意思で…」韓国でついに施行される“尊厳死法”とは

Pocket
LINEで送る

韓国で、「尊厳死」を選択できることになった。

韓国の保健福祉部(省に相当)は10月22日、患者の意思により延命治療を中断できる「延命治療決定法」を同23日から来年1月15日まで試験的に実施し、来年2月から正式に施行することを明らかにした。

これにより、対象となる患者は、心肺蘇生術や人工呼吸器着用などの延命治療を中断できるようになった。つまり、条件をクリアすれば、自らの意思で一生の終わりを決められるようになったということだ。

報道によれば、試験期間の開始直後から実施機関には問い合わせが殺到しており、10月25日現在、37人が事前同意書を作成したという。

10月24日には、末期ガンの治療のため入院中の女性患者が、試行後初めて「尊厳死」を選択している。

対象となる患者は?

このニュースは日本でも話題になっているが、全43条で構成された同法について詳しく見ていくと、延命治療中断の条件が厳しく設定されていることがわかる。