アイドルもモデルも格差くっきりとなる韓国芸能界の知られざる年収事情

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)東方神起
格差社会が何かと問題視されている韓国だが、最近は芸能界でも“勝ち組”と“負け組”の差が顕著に表れているらしい。

韓国芸能界も所得格差が深刻なのだ。

10月17日、国会企画財政委員会のパク・グァンオン議員によって公開された国税庁の資料によると、韓国芸能界の上位1%に当たる歌手46人は平均42億6400万ウォン(約4億2640万円)、俳優158人は20億800万ウォン(2億80万円)、モデル82人は5億4400万ウォン(約5440万円)の年収を稼ぐという。

最近、日本でも本格的に活動を再開した東方神起などは、間違いなくこの上位1%に入るだろう。

何しろ彼らの活動再開によって、所属するSMエンターテインメントの今年下半期売り上げ予想が1940億ウォン(約194億円)にもなるといわれているのだ。仮にその5%が彼らの収入になったとしても、「上位1%」のトップクラスになる。
(参考記事:ドラマ『明日の約束』主題歌にも起用。東方神起はなぜ、日本での活動に力を入れるのか?

財テクに勤しむK-POPアイドルたち

しかも、最近の芸能人たちは本業の収入だけでなく、副業や財テクに勤しむ者も少なくない。