英雄パク・チソンも気に掛ける「韓国サッカーが今、直面している問題」とは?

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)マンチェスター時代のパク・チソン
現役時代は3度のワールドカップに出場し、Jリーグの京都パープルサンガ、オランダのPSVアイントホーフェン、イングランドの世界的名門マンチェスター・ユナイテッドでも大活躍したパク・チソン。

2014年5月に現役を引退し、ロンドンに拠点を構えながら“第二のサッカー人生”をスタートさせた彼の近況については、過去2回のインタビューをヤフーニュースで紹介した通りだ。

韓国の国民的英雄にして“生きるレジェンド”でもある彼が、引退後初めて日本メディアの単独インタビューに応じたことは韓国でも即座に伝わり、その記事は通信社、テレビ局ニュースサイト、一般紙、スポーツ新聞にネットメディアなど無数の韓国媒体で紹介された。

ためしにその数を調べてみたら「日本サッカー」について語った記事が12媒体、「FIFAマスターコース」という進路を選んだ記事に至っては27媒体もあったほどである。

無口だがやさしかった“原点”

あらためてパク・チソンの韓国における影響力の大きさを実感させられたが、ロンドンはウインブルドンに位置するガーデンテラスでロングインタビューに応じてくれたパク・チソンは、そんな関心の大きさもどこ吹く風。至って自然体だった。