ダルビッシュに対する“人種差別行為”に、韓国が敏感に反応してしまうワケ

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)ダルビッシュ有
米プロ野球ワールドシリーズをヒューストン・アストロズが制した。

3勝3敗で迎えた第7戦、ロサンゼルス・ドジャースは先発したダルビッシュ有投手が1回2/3を投げて、まさかの5失点でKOされた。『日刊スポーツ』によれば、ダルビッシュは試合後「失望というか、自分の引き出しが足りなかったのがすべて」と話したという。

その試合結果は世界中で注目を集めたわけだが、ワールドシリーズ第7戦では、もうひとつ印象的なシーンがあった。

ダルビッシュへの人種差別行為

アストロズのユリエスキ・グリエル選手が、先発したダルビッシュに対して、第1打席でヘルメットを取って謝意を示したのだ。