「ここには変態や強姦魔しかいないのか」“韓国版ニトリ”の新入社員が盗撮とレイプ被害に

Pocket
LINEで送る

韓国のインテリア市場シェア1位を誇る大手家具メーカー「HANSSEM(ハンセム)」の社員らが、同僚女性に盗撮やレイプをしたとして、物議を醸している。

事の発端は、ハンセムの社員と名乗る女性によって書き込まれたネット上の書き込みだった。「入社前の研修中、トイレについて入ってきた同期の男性社員に盗撮された。また、入社3日目には教育担当者にホテルに連れて行かれ、レイプされた」という内容で、大きな話題になったのである。

書き込みによると、トイレ盗撮の事件では盗撮に気づいた被害者が入り口に設置された防犯カメラを確認しようしたところ、同期の男性が犯行を自白したという。

彼は「男が入ったと勘違いした。男同士でそんなイタズラをするのは普通だから」と弁解するも、そこは紛れもない女性専用トイレ。納得できなかった被害者は翌日警察に通報し、加害者の親の謝罪を受けて示談が成立した。

その盗撮事件の捜査過程で、被害者は自身の教育担当者に面倒を見てもらったという。