「弱さも甘さも最後には払拭したい」町田ゼルビア主将・李漢宰インタビュー

Pocket
LINEで送る

(写真=S-KOREA編集部)インタビューに応える李漢宰選手

昨シーズン、2012年以来4年ぶりにJ2に復帰したFC町田ゼルビア。昨季はリーグ7位でシーズンを終了しが、今季は苦しい戦いが続いている。

早々とJ2残留こそ決めたものの、11月6日現在、リーグ順位は15位。昨年から8つ順位を落としており、この3カ月はホームで勝利をあげられていない。

「2020年までにJ1を狙えるクラブに」という目標を踏まえると、決して満足できる状況とはいえないだろう。

ただ、それでもFC町田ゼルビアというチームが持つ可能性を信じる男がいる。2014年にFC町田ゼルビアに加入してから今季も含め、4季連続で主将を務めている李漢宰(リ・ハンジェ)だ。

広島朝鮮高級学校を卒業したあと、2001年にサンフレッチェ広島に入団。広島ではJ2降格とJ1昇格の両方を味わいながら2009年までプレー。その後、コンサドーレ札幌、FC岐阜を渡り歩き、トライアウトを経てFC町田ゼルビアの一員となった35歳のフットボーラーだ。

北朝鮮代表でも活躍した在日コリアンJリーガーで、2005年のドイツW杯最終予選では、あのジーコ・ジャパンと対戦し、さまざまなドラマも生んだ。

そんな経験豊富なベテランは町田の現状をどう見ているのだろうか。

FC町田ゼルビア・李漢宰の思い

――いよいよリーグも佳境を迎えています。チームが置かれた状況をどのように見ていますか?