平昌五輪の開会式会場で観客が「寒さで救急車」のハプニング。本番は大丈夫か

Pocket
LINEで送る

(写真=平昌五輪公式HP)平昌オリンピックプラザ
コンサート会場となったオリンピックプラザは、以前から問題視されていた。現地を取材したスポーツライターの大島裕史氏の取材によると、「3万5000席のうち大半は仮設」だという。
(参考記事:五輪開幕が近づく平昌に行く。国民性ゆえの過剰投資も…平昌は今、工事中

そんな平昌オリンピックプラザに同日、K-POPアイドルを見に来た数万人の10代ファンが訪れたのだが、彼らは4時間あまりの間、寒さに震えながらコンサートを観覧した。というのも、開会式場には屋根が設置されていないのだ。

本来、平昌オリンピックプラザはドーム型にすることが検討されたが、予算の削減やオリンピック後の撤去が前提ということもあり、屋根が設置されなかった。それによって寒さや雪、雨の影響などを不安視する声もあったが、今回、その不安が的中してしまった格好だ。

平昌五輪に関心がある韓国人は39.9%

複数の韓国メディアによると、10代4人と50代1人が低体温症になって救急車で病院に運ばれたらしい。