バスの車内でコーヒートラブル急増。あげくは「テイクアウト飲料持ち込み禁止」に!!

Pocket
LINEで送る

確かに韓国人はコーヒー好きという印象が強い。今年の6月、5年ぶりに訪韓した世界的ロックスター・スティングは、「市内にコーヒーショップがものすごく増えている」と感想を述べていた。全国のコンビニが約5万4000店舗あるのに比べ、カフェは約9万店にも及ぶのだから、彼がそう思ったのも不思議ではない。

(参考記事:チキンの次はカフェが餌食に!? 一長一短な韓国人特有の気質、“鍋根性”とは

韓国農林畜産食品部が10月に発表した報告書によると、成人1人あたりの年間コーヒー消費量は400杯。2012年には288杯だったのが、毎年平均7%ずつ増え続けた。韓国人にとってコーヒーはもはや嗜好品ではなく、必需品になりつつある。

それだけに、韓国では今回の「飲料持ち込み禁止アナウンス」に対し、賛否両論が巻き起こっている模様だ。