“感動セクシー”マッスル美女イ・ヨンファが明かした「魅惑の美ボディ」のヒミツ

Pocket
LINEで送る

(写真提供=カン・ミョンホ)イ・ヨンファ
「私が患っている耳管開放症は、有酸素運動ができません。ですから、主に筋力トレーニングをたくさんしました。大会直前には一日中トレーニングをして。ジムで1~2時間ほど集中的に鍛えた後、家でも運動ばかりしていました」

彼女は韓国にマッスル・ブームを巻き起こした“奇跡のDカップ女神ボディ”ユ・スンオクと同じトレーナーからコーチを受けているのだが、トレーニングは時間との戦いだったという。

「大会まで時間が限られていたので、短所を補うよりは、長所を伸ばすことに重点を置きました。長い間トレーニングをしてきた人々と肩を並べるためには、そうするしかなかったんです。

私はもともと肩幅が広くてお尻が大きいので、鎖骨のラインや肩のトレーニング、それからヒップラインのトレーニングに集中しました」
(参考記事:写真20連発!! “マッスル美女”イ・ヨンファの一日に密着…筋トレから本業、シャワー室まで!?

自分自身を知ることが大切

韓国では、“デコルテ”の美しさにも注目が集まる。

5