ロンスケ女子からアイドル、元サムスンマンまで…韓国の“インフルエンサー”たちがスゴい

Pocket
LINEで送る

(写真=キム・ジナInstagram)
キム・ジナのInstagramのフォロワー数は100万人を超えているのである。
(参考記事:フォロワー100万人!!「珠玉のビキニボディ」を持つレーシングモデル、キム・ジナのSNSがすごい!!

コミュニケーションアプリおなじみLINEのUIデザイナーだったコ・ヒョジュさんも、“インフルエンサー”として成功したケースだろう。

彼女は、趣味で始めたロングスケートボードによって今や誰もが羨む人生を送っているケースだ。InstagramとYoutubeにアップしたライディングの動画が注目を集め、韓国ではロングスケートボード・ブームの火付け役となった。

そして彼女はLINE退社後、世界を旅しながらライディング三昧の日々。「Gucci」「KIEHL’S」など世界的ブランドからアンバサダーのオファーを受けることで、収入も確保しているという。
(参考記事:長い髪を風になびかせながら… 韓国で急増する“ロンスケ女子”たち

企業も注目するインフルエンサー・マーケディング

注目すべきは、韓国では最近、こうしたインフルエンサーたちの影響力を借りる「インフルエンサー・マーケティング」が、かなりポピュラーな広告手法となっていることだ。