平昌五輪のために奔走する女王キム・ヨナ。聖火や浅田真央との“共演”についても発言

Pocket
LINEで送る

“韓国のプリンセス”が久々に国際舞台に姿を現した。

2010年バンクーバー冬季五輪の女子フィギュアスケートの金メダリストで、2014年ソチ五輪では銀メダルに輝いたキム・ヨナである。

キム・ヨナは11月14日、アメリカ・ニューヨークの国連本部に登場。平昌五輪と平昌パラリンピック開催期間中とその前後、加盟国に敵対行為や休戦を呼びかける第72回国連総会に参加した。

採択に先立って登壇し、流暢な英語で「平昌五輪は平和と人類愛という五輪の精神を全世界の人々と共有する場になるだろう」と訴え、拍手喝さいを浴びたキム・ヨナ。現役引退後、平昌五輪の広報大使を務めてきた彼女らしく、見事にその大役を果たしたスピーチだった。
(参考記事:韓国のフィギュア女王キム・ヨナは今、何をやっているのか

広告業界でも人気衰えず。が、平昌のほうは…

それにしても改めて感じるのは、彼女の存在と影響力の大きさだ。