日本球界を沸かせた“あの選手”の息子も!! 稲葉ジャパン初陣の前に知っておきたい韓国代表の状況

Pocket
LINEで送る

本日11月16日から19日まで、東京ドームで開催される「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」。今年から新設されたこの大会では、日本、韓国、台湾の3カ国が対決する。

今夜の開幕戦で日本が対戦するのは、韓国だ。

日本にとっては、2015年11月の「プレミア12」で大逆転負けを喫した相手でもあり、この試合はある意味リベンジマッチといえるかもしれない。今大会が初陣となる稲葉篤紀監督も当時の試合には打撃コーチを務めていただけに、なおさら力が入る一戦になることだろう。

韓国代表を指揮しているのは、現役時代には中日でクローザーとして活躍したソン・ドンヨル(宣銅烈)である。

現役時代は韓国プロ野球史上、最も優れた投手といわれ、引退後は監督としてサムスン・ライオンズを2度の韓国シリーズ優勝に導いた“英雄”は、今年7月、韓国野球委員会(KBO)で「専任監督制度」が導入されて初めての代表監督に就任した。

東京五輪までの約3年間を託されており、この大会がソン・ドンヨル監督体制の初陣となることから、韓国にとってもこの日韓戦は重要な試合となる。

日本と対戦する韓国代表の実力は?

それだけに気になるのは今大会の韓国代表の実力だ。