現地メディア推薦!! 平昌五輪で歴代最高成績を目指す韓国の「メダル候補12人」

Pocket
LINEで送る

いよいよ開幕が間近に迫る平昌五輪。

開催国である韓国は、金8・銀4・銅8のメダル獲得を目標に掲げている。歴代最高の成績を挙げた2010年のバンクーバー五輪の金6・銀6・銅2を超えることを目指しているわけだ。

それだけに気になるのは、かの国のメダル候補者たちだろうが、韓国メディア『スポーツワールド』は最近、「平昌五輪を輝かす12人の韓国戦士」題して、有望選手をピックアップしていた。

その中には、韓国が一度もメダルを獲得したことのない雪上種目の選手も選ばれており、興味深い内容となっている。

韓国が期待を寄せる12人を、以下に紹介しよう。

1.「ショートトラック」チェ・ミンジョン

(写真提供=SPORTS KOREA)
ショートトラック大国・韓国において、真っ先にメダル候補に名が挙がるスター選手。

昨シーズンには、W杯ソルトレイクシティー大会の女子1500mで2分14秒354をたたき出し、世界新記録を更新。さらに同大会では、シム・ソクヒ、ノ・ドヒ、キム・ジユとともに出場した女子3000mリレーでも、4分4秒22の世界新記録を塗り替えた。

2.「ショートトラック」シム・ソッキ

(写真提供=SPORTS KOREA)
弱冠16歳で出場した2014年のソチ五輪では、女子3000mリレーで金メダル、1500mで銀、1000mで銅メダルを獲得。この4年間でさらに実力を伸ばしており、昨季は1500mでW杯4連続金メダルを勝ち取った。

ちなみに生まれ故郷は、平昌五輪の舞台となる江陵(カンヌン)だ。

3.「ショートトラック」イム・ヒョジュン