美女コスプレイヤーも多数登場で盛り上がる韓国ゲーム市場は今、どうなっているか

Pocket
LINEで送る

スマホ向けゲームアプリ『どうぶつの森ポケットキャンプ』が話題だ。11月21日に配信スタートしたが、アクセスが殺到して通信エラーも起きたという。

昨年は『ポケモンGO』が大フィーバーしたことが記憶に新しいが、お隣・韓国でもゲーム市場はぐんぐん伸びている。

韓国でゲーム業界三大勢力として数えられるNOXON、Netmarble、NCSOFTの今年第三四半期までの収益を見ても、それはわかる。

NOXONは1兆8559億ウォン(約1859億円)、Netmarbleは1兆8090億ウォン(約1809億円)、NCSOFTは1兆2254億ウォン(約1225億円)と、3社すべてが歴代最高値を更新したのだった。

特にモバイルゲームの成長は著しく、今年上半期の国内の総収益は15億ドル(約1688億円)を突破し、前年同期比66%の大幅増を記録しているらしい。

美女コスプレイヤーも殺到した「G-STAR2017」

そうした韓国ゲーム市場の活況を象徴していたのが、11月16~19日に釜山(プサン)で行われた韓国最大級のゲームの祭典「G-STAR2017」だ。